3種類の筋肉が果たす役割

筋肉の種類は全部で3種類に分かれて役目が違います

3種類の筋肉の役目は何?

 

人間の体にはそれぞれの活動を行うために3種類の筋肉が存在します。

 

体の部位によって付いている筋肉の役目は違っており、これらの筋肉が弱ったりすると機能低下を起こしてしまいます。

 

そこでどのような筋肉が存在し、どういった役目を担っているのかをご紹介します。

 

骨を動かすのに必要な骨格筋

骨格筋は骨を動かすための筋肉

 

骨格筋は人間の体を構成する筋肉として最も重要な役割を担い、その種類も400以上あると言われています。

 

文字通り骨の周りについている筋肉で、関節を動かしたり人の運動に深く作用するので柔軟性が求められます。

 

骨格筋が硬くなると関節も連動して硬くなってしまい、可動範囲が狭くなって運動に影響が出てしまいます。

 

一般的に大まかな区分けで筋肉と呼ばれている認識は、この骨格筋のことを指すと考えて間違いないでしょう。

 

骨格筋は運動だけでなく、衝撃や打撃から身を守るためにも重要であり、骨格筋の発達が少ない身体のことを、一般的に軟弱な体質と称される場合があります。

 

骨は全身にあり、同時に骨格筋も至る部分に存在する筋肉ですので、血液の流れとも深い関係を持っています。

 

その理由は、筋肉の収縮がポンプの役割をして、血流を良くするからです。血管の中の血液を循環させるために骨格筋が必要とされるのです。

 

また、運動不足によって身体が重いと感じる事があるときは骨格筋の動作が足らず、血流が鈍くなることから倦怠感を招いています。

 

そこで健康の第一歩として骨格筋を鍛えることにあります。

 

骨格筋を増やすトレーニングは何が良い?

そこで特に有効なのがウェイトトレーニングです。

 

ウェイトトレーニングを行って筋肉を肥大させる事で筋肉量を増やす事ができます。

 

2かに1回のペースでトレーニングを行い、トレーニング⇒回復と1日おきのペースが良いでしょう。

 

筋肉を疲れさせた後に休息させる事で筋線維は大きくなっていきます。また、体の各部位ごとに分けて毎日行う方法もあります。

 

これなら腕・足・背中・体幹などのように1部位を集中してトレーニングする事もできます。

 

骨格筋を増やすためにトレーニングした後は必ずストレッチを行い、柔軟性も付けるようにしていきましょう。

 

筋肉がついても硬い状態だと柔軟性がなく、可動域も狭くなってしまうので注意してください。

 

体内の各種器官を動かすのに必要な平活筋

平活筋は内臓などを動かすための筋肉

 

平活筋は体内の様々な内臓を動かすための筋肉です。

 

これらは自分の意志で動かすことができない筋肉となり、不随意筋と呼ばれるものになります。

 

不便なようにも感じますが、生命維持のための大切な筋肉ですので自分でコントロールできるようになってしまうと、大変なことになってしまいます。

 

たとえば内臓は眠っている間も働き続けなければいけません。この時に自然に動いてくれる筋肉だからこそ、私たちは安心して眠ることができるのです。

 

筋肉(骨格筋)は鍛えることができますが、平活筋に関してはトレーニングをすることは困難だと考えられています。

 

しかし、自律神経を整えたり、リラックスすることによってその機能を向上させることはできるでしょう。

 

鍛えるというよりも強化するという考え方のほうが分かりやすく、内臓の機能を高める事で正常な働きを行っていきます。

 

特に食生活における細かな栄養バランスも影響しやすく、自律神経とホルモンのバランスが取れていると正常に機能します。

 

ただ、平活筋のバランスが崩れている場合は消化機能・液体の体内循環の機能が低下するので体調不良になりやすくなります。

 

心臓を動かして生命活動するための心筋

心筋は名前通り心臓を動かすための筋肉

 

心筋は心臓を動かすためだけの筋肉です。こちらも自分の意志でコントロールすることはできません。

 

特別に名称がつけられているのはやはり、心臓が人間の臓器の中で最も重要なものであるからです。

 

また心筋に限った病気などもありますので、分けて称されるようになっています。心筋梗塞と言う名前は聞いた事があるでしょう。

 

心臓は血液を全身に送るためのポンプとして、司令塔の役割を担っています。心臓を動かすために心筋があり、機能低下すると血液を送る量が減ってしまいます。

 

心筋自体は自分でコントロールすることのできないものですが、心筋は鍛えることが可能です。

 

心筋を鍛えて血流アップ

心筋を鍛える事は可能ですが、骨格筋のようなトレーニングではありません。

 

心臓を動かすための筋肉ですので、心臓に直接関係する呼吸系の筋肉を鍛える事が最も有効です。

 

特におすすめはランニングなどの有酸素運動や、呼吸を止めて体を水中で動かす潜水などです。

 

多少酸素の少ない状況で負荷をかけることによって心臓が血液を全身に送る量のバランスを整えようと動作します。

 

これが心筋を鍛えるトレーニングの代わりになると考えられています。